堺市中区,狭山市から多数来院!交通事故治療、巻き爪施術が得意な阪田接骨院

施術実績地域No.1!臨床25年以上の施術者があなたの痛みを和らげるためにお待ちしております

巻き爪(堺市南区・57歳・男性会社員)S様|2016/04/14

S様は 約30年間 お仕事で、革靴を履いていらっしゃいます。
初回カウンセリングに来られた際は、クルリと巻いたお爪をされていました。
靴下を履くのも痛くなって、ビジネスシューズはもとより、履き物全てにおいて、大きめの物を購入されていました。
巻き爪の原因のひとつに、間違った靴選びがあります。
これは、自分の足に合っていない窮屈な靴を履いていて、巻き爪になってしまうケースです。
先の細いもの、ヒールの高いもの、サイズが小さいもの、これらは 注意しなければなりません。
巻き爪にかかわらず、小趾が内側に入ってしまったり、重ね指になったり、姿勢や歩き方にも 良くありません。
S様のように、巻き爪になってしまった為に、大きめの靴を履かれている方も、意外と多いのですが、それも、結果的には、お痛みを歩き方でコントロールして、誤魔化しているのに過ぎませんね。
確かに、靴の中で指が自由に動く、捨て寸は必要です。その場合は、踵の部分がしっかりしている事、ヒールは3cm以内で、インソールが足裏にフィットしている等の条件付きなのです。
これらの条件を踏まえて、 足に優しい靴選びを オススメします。
S様は、巻き爪に長年 苦しまれたご様子でお見えになりました。
男性ですが、極度の怖がりさんで、最初は、緊張されて硬直状態。
そんなS様でしたが、施術後には、「全然、痛くないわ!なんや、もっと早よ来たら良かったわ」と、余裕の笑顔でお帰りになられました。
いざなぎでは、お痛みからの解放のお手伝いをさせて頂いています。
お痛みを我慢せずに、無料カウンセリングにお越しください。
安心してください。
巻き爪でのお問い合わせはコチラ
堺市中区 阪田接骨院
TOP
阪田接骨院の院長ブログ
  • 阪田接骨院・お客様の声ブログ

COPYRIGHT© 堺市中区 阪田接骨院 ALL RIGHTS RESERVED. Design by PORTALSLINK